海苔のとうき

海苔通販 唐津土産 特産品 美味しい海苔ギフトお取り寄せ

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  海苔の基礎講座

海苔の基礎講座

日々、食卓やスーパーなどの売り場で見慣れていても、案外知られていない海苔の大きさや単位について。
ここでは、海苔の基本知識をお伝えします。

 

海苔の基本サイズ

海苔1枚(全型)のサイズは、基本はタテ21cm×ヨコ19cmです。昭和40年代に、このサイズに全国統一されました。それ以前は、大判や小判など、各産地で海苔のサイズ異なっていたようです。
 現在では、各メーカーが食べやすい大きさにあらかじめカットした“おにぎり用”“手巻き用”“おかず用”などのサイズも登場しています。用途にあわせて、お選びください。
※海苔のサイズは、製造課程において若干の誤差があります。

●焼海苔半切
寿司用や三角おむすび用に最適。コンビニのおむすびはこちらです。

●焼海苔3切
全形の3分の1のサイズの海苔はおむすびを俵巻きにするときや、おもちに巻くのにぴったりです。。

●味付海苔
・8切袋
メーカーによって、「おむすびのり」「おかずのり」「おにぎりのり」などとネーミングしているところもあります。1袋8切8枚入りで3袋から8袋で販売されます。

・12切、8切
一般には12切タイプが多いようです。大判の8切タイプは主に進物製品に使用されます。

●もみのり&きざみのり
丼物やそばなどのトッピングに使用されます。

 また、海苔には表と裏があることをご存じですか?
表はツルツルと光沢があり、裏はザラザラしています。
おにぎりや手巻きずしを作る時は、海苔の裏面をごはんの面に合わせるとキレイですよ。

さらに詳しい情報はこちらから↓↓↓
海苔JAPAN